• トップ /
  • 受験のための語学学校と予備校

語学学校の人材育成

受験のための語学学校と予備校

受験における語学学校の役割

外国語に特化した大学を受験するため、語学学校に入学する人が増えています。外国語に特化した大学では、より専門的な知識や学力が必要となるため、予備校とは別に入学しているのです。大学受験であれば、予備校で十分ではないかとの考え方もありますが、両者の内容は全くといっていいほど異なります。予備校での外国語授業は英語が中心であり、その内容も文法や長文の読解力を養うことに重点が置かれています。一般の大学受験であれば、これだけで十分対応できますが、外国語に特化した大学では、外国語による面接を取り入れているところもありますから、さらに聞く力や話す力が必要になります。一方、語学学校では文法や長文読解はもとより、いかに外国語を実践的に話せるかに重点を置いていますから、聞く力や話す力を養うための勉強に集中できます。また、語学学校には、様々な年齢の人や、将来のビジョンを持った人が通っていますから、多くの人と交流が持てるといった点も人気につながっています。つまり、予備校での授業を補完するため入学する人が多いのです。国際社会に通じる人になるためには、外国語を話せることが絶対条件になります。語学学校では、大学受験のみならず、国際社会に通じる人材育成の面でも大きな役割を果たしているのです。

↑PAGE TOP