• トップ /
  • 語学学校の受験における面接

語学学校での最大の難関

語学学校の受験における面接

面接試験を受験する際の注意点

語学学校を受験する際、最大の難関は面接試験だと言われています。語学学校の受験ですから、当然、受け答えは外国語になりますので、なかなか思うように回答できないというのがその理由です。しかしながら、考えようによっては面接対策をしっかりと行っておけば、合格する確率は高くなるとも言えるのです。まず、大切な事は慌てないことです。使い慣れていない外国語での受け答えであり、しかも受験の場面ですから、緊張してしまうのは当然ですし、相手の問いかけが思っている以上に早く聞こえてしまうことは良くありますが、聞き取れなければ聞き返すくらいの余裕が欲しいものです。わからないまま、無理やり答えようとすると、頓珍漢な回答になってしまう事もありますので注意が必要です。また、話し過ぎるとボロが出てしまうと思って、最低限の受け答えしかしないのもNGです。語学学校では多くの言葉や表現を学ぶ場所ですから、多少の間違いがあっても積極的に話そうとする姿勢を面接官は見ていますから、自分の言葉でしっかりと応えることが大切なのです。そこで、語学学校の面接で失敗しないためには、日頃から受験しようとする外国語を口に出して慣れておくことが大切です。受験勉強をしていると、目だけで学習しがちですが口に出すことによって、意識しなくとも言葉が出るようになってくるものです。

↑PAGE TOP